当サイトでは「脱毛サロン」には通わない脱毛方法(脱毛器)をご案内しています。

毛深くて悩んでいる女性(男性も)に、原因・特徴・生活の中で気をつけるポイントを知ってもらった上で、おすすめ『家庭用脱毛器』で体毛をうすくしていきましょう。

 

私がこれまで使ってきた家庭用脱毛器は10種類くらいあります。

その中で、効果があり、私自身が買って良かった感じた脱毛器のみをレビューしています。

わざわざ「これよくなかったよー」と批判もしたくないですし、人によって効果のあるないの脱毛器は多少なりとも違うと思っているからです。

 

1番最後に剛毛だった私の脱毛歴をご紹介しています。

家庭用脱毛器でツルツル女子になりましょう!

脱毛器の効果で毛を薄くする目次

家庭用脱毛器とは?

脱毛器には、業務用(サロン・医療)と家庭用と2種類あります。

業務用の医療機関で使われる脱毛器は、使用ルールが非常に厳しく誰でも扱えるものではありません。

効果は人によっては大きくありますが、その分、非常に高額となっています。

ここで紹介する「家庭用脱毛器」とは、照射パワーが業務用の脱毛器より小さくしたものです。

毛を薄くする原理は同じです。

メラニン色素に光やレーザーを照射し、毛根にダメージを与え毛を生えてくなくさせたり、薄くしていきます。

 

パワーが小さいといっても、しっかり頻度と的確に照射すればサロンや医療機関でおこなう脱毛と同じように、効果はしっかり出てきます。

サロンや医療機関と違い、支払う金額が最初からわかっていますし、全身脱毛できるのでコスパ面では圧倒的に家庭用脱毛器が勝ちます。

種類

家庭用脱毛器(サロンも同様)には、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の2種類があります。

フラッシュ(光)脱毛・・・脱毛サロンでも使われている方法です。メラニン色素に光を当てて毛根にダメージを与えます。

レーザー脱毛・・・医療機関でおこなわれているレーザー脱毛のパワーを家庭でも使えるレベルにしたものです。メラニン色素にレーザーを深くあて、毛根にダメージを与ます。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いは、毛根に届く光、レーザーの深さにあります。

レーザーの方が、より深い毛根までダメージを与えることができます。

そのため、レーザー脱毛の方が効果を早く感じる方が多いです。

フラッシュ脱毛のメリットとデメリット

メリット

  • 痛みが少ない
  • 照射口が大きいので、1度に照射できる範囲が広い

デメリット

  • ランプ又はカートリッジの交換が必要

レーザー脱毛のメリットとデメリット

  • カートリッジの交換がいらないのでコストパフォーマンスが良い!
  • バッテリーの交換もできるので、本体も長く使える

デメリット

  • 人によっては痛みを感じる
  • 照射口が小さいので、脱毛ケアに時間がかかる

選び方

価格と維持費

2、3年は継続して使うものなので、維持費は家庭用脱毛器を選ぶ際には、非常に重要なポイントです。

  • ランプ、カートリッジは交換できるのか
  • 照射面積
  • ワンショットあたりの単価
  • アフターケア

脱毛器で効果はあるのか?

あります。

体感・実証済みです。

あわせて読みたい!

ヤーマン脱毛レイボーテ口コミは嘘なのか!?体験者がレビューします!

続きを見る

ケノンのVIOへの使い方・効果など徹底紹介します!

続きを見る

 

家庭用脱毛器はパワーが弱いので、脱毛サロンと違い頻繁におこなうことができます。

2週間に1回が推奨されています。

その分、サロンより早く効果を感じる方も多いんです!

きちんと定期的に照射すれば効果はしっかりとあります。

 

毛深いのが悩みだけど、脱毛サロンや医療機関は高くて通えない。

恥ずかしくて通えない。

そういった方々に、どんどん知って欲しいです。

知らない人が多すぎる。

家庭用脱毛器は1回で支払う金額がどーんと出るので、高額に感じやすいのかな?

トータルで考えると1番安く脱毛できるんですよ。

あー、あとは手間がかかるとか???

脱毛器の相場

相場は約4万円〜10万台になります。3万円以下の家庭用脱毛器もネットを徘徊すれば出てくるでしょう。

しかしはっきり言ってオススメしません!

家庭用脱毛器を買う目的はなんですか?

体毛をうすくすることですよね?

目指せツルツル女子ですよね?

安く「家庭用脱毛器」を手に入れることではありません。

効果があって1番人気のある価格帯は5万円〜7万円前後の家庭用脱毛器です。

クレジットカード払いで分割にできますし、よくある定額サロンの価格比べても安く済みます。

50,000円÷12ヶ月=4,166円

70,000円÷12ヶ月=58,333円

定額制って結局脱毛できるまでの価格がわかりにくくしてあるので、怖いです...

スマホ代と同じですね(笑)

脱毛器とサロンどっちが良い?

家庭用脱毛器です。

 

脱毛サロンから乗り換える人がいる?

口コミでよく見かけましが、サロン通いに疲れ、脱毛器を購入する方も一定数いつもいます。

予約の取りにくさ、効果の感じなさも脱毛器に流れる大きな理由でしょう。

脱毛サロンの相場

部位6回照射料金
全身約13万〜16万円前後
ワキ約1万〜2万円前後
VIO約5万〜6万円前後

家庭用脱毛器だと2週間に1回照射で3ヶ月目あたりになります。

遅い方でもしっかりと効果を実感してくる時期です。

医療脱毛の相場

部位6回照射料金
全身約30万円前後
ワキ約2万円前後
VIO約8万円前後

家庭用脱毛器だと2週間に1回照射で3ヶ月目あたりになります。

遅い方でもしっかりと効果を実感してくる時期です。

家庭用脱毛器とサロンの併用

脱毛への関心が強くなるなか、以下の理由で家庭用脱毛器と脱毛サロンの併用をされる方が増えてきています。

  • デリケートゾーンは見られてたくない
  • 脱毛サロンの予約が取りにくい、取れない

私自身、脱毛サロンでデリケートゾーンを脱毛したことあるのですが、すごく恥ずかしいです。

紙パンツ、、、辛い。

VIOを脱毛するときって、はっきり言ってスタッフさんに丸見えです。

腕・足などは脱毛サロン。

他人に見られたくないデリケートゾンは、家庭用脱毛器。

こういった使い分けをしている方も多いのです。

 

予約が取りにくい点は、昔から変わっていませんね。昔は、予約が取りにくいのは夏の時期だけでしたが、脱毛する時期は「今すぐ!」をという認識が広まり、お客さんの予約時期が季節問わず多いようです。

※同じ部位への併用は肌へのダメージ、効果の軽減につながるのでお控えください。

あわせて読みたい

脱毛器を使用している年齢層・性別は?

どこのメーカーさんに聞いても、男女比率は年々近づいているということでした。

男性の家庭用脱毛器の購入が増えているということです。

購入している年代の割合

20代・・・19%

30代・・・30%

40代・・・28%

50代・・・13%

60代・・・5%

残りは不明

家庭用脱毛器を購入される方の特徴

  • 脱毛サロンに通ったが、少し毛が残っているので綺麗にしたい
  • 美意への意識が高い
  • 剛毛なのが極度のコンプレックスになっている

脱毛器を使うときの注意点

当サイトから多くの方が脱毛器を購入してくださっていて嬉しいでのすが、以下の点には目を通してから購入してくださいね。

  • 妊娠中の方はご使用を控えてください
  • 脱毛後の激しい運動はお控えください
  • 脱毛後の飲酒はお控えください
  • 各家庭用脱毛器の取り扱い説明書はよくお読みください

 

よろしくお願いします。

脱毛器は公式ショップでの購入がオススメ!

家庭用脱毛器は安い買い物ではありません。

体毛を薄くしたい。毛深い自分からさようならしたい。彼氏が欲しい。

そんな強い思いから購入する女性ばかりです。

こんなトラブルが続出しています!

  • カートリッジの購入は公式ショップから本体を買った人だけと言われ、脱毛器が使えなくなった
  • 転売品の修理は不可
  • 故障修理対象にはなりません

公式ショップ以外から購入したとしても、そんなに安くはなっていません。

大幅に安くなっている場合は、偽物・中古品と疑っていいでしょう。

こんなトラブルにあとあと合う可能性があるのであれば、きちんと公式ショップ・公式サイトで購入した方が賢いです。

私の脱毛歴

剛毛歴:23年でストップ!

肌質:色白、敏感肌

自分が毛深いと気づいた歳:12歳 小6〜中1んときに私って...なりました。修学旅行のとき、皆んなとお風呂入るのがすごく嫌だったのを覚えています。

現在:20代前半

彼氏:・・・います💓

性格:恥ずかしがり屋、おとなしい

主な脱毛経歴:脱毛クリーム、除毛ワックス、脱色、毛剃り、脱毛サロン、家庭用脱毛器

毛深さを語るよ!(笑)

今は家庭用脱毛器を2年愛用中でほぼツルツルです。

通常は、全身ちゃんとまめに脱毛していれば1年でツルツルになると言われています。

※個人差あり(面倒くさがりやはさぼりがちw)

毛が生えている箇所

  • 手の甲、指
  • ワキ
  • 背中
  • お尻(肛門近く)
  • 陰毛

いや、もうほぼ全身ですね。お恥ずかしい...

ワキと鼻下は、脱毛サロンで光照射し、自宅で最後までケアした感じです。

他の箇所は、脱毛クリームなどを経て、家庭用脱毛器で脱毛しました。

本格的に脱毛に目覚めたきっかけ

中学生くらいのときから、自分が毛深いことに気づていて恥ずかしく、大きなコンプレックでした。

なので、手軽に買える除毛クリームや脱色クリーム、カミソリで毛を剃ったりしていました。

そんな感じでやり過ごし、高校生のときに彼氏ができました!

(付き合う前は、毛深いことに気づいていません)

 

その彼氏に....「毛、剃ってる?」と言われました。

 

剃り残しがあったのです。恥ずかしくて死にそうでした・・・

それ以来、会う前位に全身剃っていました(笑)

元々、敏感肌なのでカミソリ負けしたりすることもあり、辛かったです。

当時の私には脱毛サロンも家庭用脱毛器も高額で手が出せるものではなかったです。

 

時が過ぎ、脱毛サロンのワキだけが安くキャンペーンとして宣伝されるようになりました。

極端に人に肌を見せるのが苦手な私でしたが、笑にもすがる思いで、恐る恐るサロンに行き、契約しました。

勧誘もなく、ワキの毛も生えてくるペースが遅くなり、サロンに行ったことはとても良かったと思っています。

ただ、安い契約は「ワキ」「Vライン」といった、比較的早く効果がでる箇所だけなんですよね...

結局は、他の部位も契約すると数十万かかると言われるし、長期かかるので、やめました。

そこで『家庭用脱毛器』に出会ったというわけです。

 

よく読まれている記事

脱毛サロン「ミュゼプラチナム」体験記!

ミュゼプラチナムの口コミと脇への効果をお伝えします!

続きを見る

男女から人気のある「ケノン」の本当のところは?

ケノンのVIOへの使い方・効果など徹底紹介します!

続きを見る

痛くても効果が高い「トリア 」がやっぱり好き!

トリアの脱毛体験ブログ!レーザー脱毛は本当に良い!痛いけどね(笑)

続きを見る

家庭用脱毛器はいったいどれを買えば良いの!?

脱毛器の口コミランキング8選!あなたにはどれがおすすめ?

続きを見る

Copyright© 家庭用脱毛器.com , 2020 All Rights Reserved.